読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知の泉

地方都市で塾や予備校での仕事を、20年くらいやってます。受験・子育て・教育に関することやその他自分の知的好奇心をくすぐった話題を呟いています。時々自分で食べて美味しかったものも呟いたりしてます。

個別塾の上手な使い方①

「まずは、教室長を見極めよう」

あちこちにある「個別指導塾」。

CMでもよく見る名前の「個別指導塾」は、地域に何教室も運営しているものから、

脱サラでフランチャイズ契約したオーナーの教室まで様々です。

特に脱サラ組は、業界未経験のケースもありますから、その場合、生徒の指導をするアルバイト学生に、全てを丸投げっていうひどい場合もあります。当然進路指導も学習指導もほとんどできなかったりします。

 

一方で長年続いているような、しかも教室長も直接指導をしているような、個別指導塾は、生徒指導も進路指導もしっかりしていることが多いと思います

そこで、この個別指導塾どうかな?と思ったら、直接教室長と話してみるのが一番です。

「教室長さんも教えてるんですか?」

「教室長さんは以前はどんな業界でいらしたんですか?」

「○○中学で、○番位だと△△高校には例年合格してますか?」

「○○中学の△年生は他の中学と比べて今年はどうですか?」

 

そういった質問にしっかりと受け答えできないようであれば、他をあたった方が良いかもしれませんね。

「少しうるさい親だ」と思わせる

都市部の個別指導塾なら、「東大」「京大」の現役の学生が指導します!って個別指導塾もあるでしょうが、特に地方であれば、せいぜい地元国立大学の学生がアルバイトで指導しているケースが大半です。もちろん、何年か指導歴があって優秀なアルバイト学生もいるでしょうが、それだけでは教室の先生が不足するのが現状です。結果、指導スタッフは玉石混交。優秀なスタッフもいればそうでもないスタッフが混じることになります。

入校時に、「ウチノ子供はこういう状態で、こういう先生に教えて欲しい」という希望をしっかりと教室長に伝え、「ちょっとうるさい親だな」と思わせる位が、「優秀なスタッフ」にあててもらえることにつながります。

「面倒なお願い」はできるだけ早めに

講習会の時期などは、日程や時間帯を選んで受講できるシステムの個別も多かったりします。この日程この日程でこの時間帯で、といった「面倒なお願い」を期日ギリギリにしたり、日程が近づいてからの変更などをすると、「日程・時間帯」優先でスタッフとの組み合わせを作るしかなく、結果として「玉石混交」の「石」のスタッフをあてられてしまうことにもなりかねません。

「面倒なお願い」は、できるだけ早めに!が絶対にお得です。

もし、普段指導を受けていて、子供とも相性が良い先生が居るのであれば、

「講習会で、いつもの○○先生で授業をお願いするにはいつだと良いですかね?」と事前に聞いてみるのが一番良いかも知れません。

⇒個別塾の上手な使い方②