読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知の泉

地方都市で塾や予備校での仕事を、20年くらいやってます。受験・子育て・教育に関することやその他自分の知的好奇心をくすぐった話題を呟いています。

医学科の面接

受験

 

 

 

 

 

 

医学科の面接担当に聞いてみた

推薦・AO・個別の受験、いずれにしても医学科の入試で「面接」というのがあるケースが多いです。

ご縁があって、医学科の面接を担当している友人に話を聞いてみました。

定番の「医学科の志望理由」は最初だまって聞いてるだけ

当然と言えば当然ですが、学生は志望理由をきちんと喋れるように、高校でもしっかりと練習してきています。

まあ、定番なのは「自分が、とか身内が病気や怪我をして、親身に接してくれた医師がいて、自分もそうなりたいと思いました。」の類だそうで、「ほら、そのパターン来たな」って黙って「うん、うん」と聞いているのだそうです。

そして、一通り話し終わったな、と思ったら、

「で、本音の所では、どうして医者になりたいの?」って聞くんだそうです。

 

医師になりたい理由の一つとして「東大・京大は無理だけど、医学科合格だったら、たとえそれが地方国立大学だとしても自分も親も納得出来そう」ってのがあったりします。確かにそうですよね。「あの人、現役で医学科合格だって、凄い」とか言われるだろうし、親だって「お宅のお子さん医学科ですってね。凄いですね」って言われることも多いでしょう。

 

そういった学生に「で、本音の所では、どうして医者になりたいの?」って聞いてみると、その生徒の「本気度」が分かるんだそうです。

その前段の「練習してきた志望理由」は、みんな似たようなものだから、そこから、どれだけ自分の本気度を出せるかが勝負なのかもしれません。

びっくり質問

あと、定番の質問なら大概きちんと答えられる生徒でも、

「想定してないようなびっくり質問」をするとその生徒の適性が分かる、とも言っていました。まあ、医療の現場だって、その時その時びっくりするような場面に出くわすんだろうし、そこで、どれだけ冷静に対処できるかって、確かに大切なことですよね。