読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知の泉

地方都市で塾や予備校での仕事を、20年くらいやってます。受験・子育て・教育に関することやその他自分の知的好奇心をくすぐった話題を呟いています。時々自分で食べて美味しかったものも呟いたりしてます。

『ダザイフ』は漢字で『大宰府』なのか『太宰府』なのか?

『ダザイフ』は漢字で『大宰府』なのか『太宰府』なのか?

生徒に聞かれ、教室の中にダザイフのお守りがあったのを思い出して、見せてあげた。

f:id:kasikoi:20170302112007p:plain

宰府』になっていた・・・あれ?そうだったっけ???と思い、歴史の教科書を確認。

f:id:kasikoi:20170302112128p:plain

宰府』になっている・・・

そこで、ググって調べてみるとこんなことでした。

宰府市文化情報局によると(市の名称は太宰府市なのね・・・)

古代におけるダザイフの正式な表記は、現存する古代の印影(押印された印の文字)が「宰之印」であることから、「宰府」であったと考えられています。 しかし、奈良時代の文書にも、すでに「宰府」と表記されているものがあります。その後、中世からは「宰府」と表記する文書が多くなり、近世以降はほとんど「宰府」と表記するようになっているようです。 ただ昭和30年代末頃、九州大学の鏡山猛(かがみやまたけし)教授が地名や天満宮など以外は「宰府」と表記するようにされたことをきっかけとして、一般には古代律令時代の役所、およびその遺跡に関するダザイフは「宰府」、中世以降の地名や天満宮については「宰府」と表記されるようになりました。現状では、行政的な表記もこれにならい、「宰府政庁跡」「宰府市」というように明確に使い分けています。

 

なるほど、ということで、社会の歴史問題の解答としては『大宰府』が正しくて、現在の地名や天満宮は『太宰府』が正しいってことなんですね。勉強になりました。