知の泉

地方都市で子供に携わる仕事を、20年くらいやってます。受験・子育て・教育に関することやその他自分の知的好奇心をくすぐった話題を呟いています。時々自分で食べて美味しかったもの、これ欲しいなあというものも呟いたりしてます。

新英検『英検2020 2days S-Interview』『英検2020 1day S-CBT』『英検CBT』と現在の英検(旧英検)の違いを比較

新英検『英検2020 2days S-Interview』『英検2020 1day S-CBT』『英検CBT』と現在の英検(旧英検)の違いを比較

f:id:kasikoi:20180617163410j:plain

上の表の左端が現在行われている英検(以下、旧英検)です。これは、「Reading」「Listening」「Writing」の一次試験を受け、一次合格者が後日、対面式で「Speaking」の二次試験を受けるという形式です。

この旧英検も、例えば高校1年、2年で該当する級に合格すれば、それを条件にしている大学の推薦・AO・一般入試を受験することができたり、または英語の試験が加点されたり英語の試験が免除されたりすることになりますから、「旧英検を受けるのはムダ」ということにはなりません。

右側の3つ『英検2020 2days S-Interview』『英検2020 1day S-CBT』『英検CBT』が、これから導入されるいわゆる新英検となります。この3つが、いわゆる2020年大学入試で英語外部試験として採用されるものになります。(旧英検は、英語外部試験としては採用されません。)

また、仮に高校2年生で旧英検2級に合格していても、英語外部試験を必要とする大学を受験しようと思えば(東大含め、国公立なら全てということになりそうです)今の高校1年生は高校3年の時に、改めて新英検を受けないといけないことになります。

 

■『英検2020 2days S-Interview』

「Reading」「Listening」「Writing」のペーパー試験を受け、別日程で対面式の「Speaking」の試験を全員受けます。そして4技能の結果でスコアが決まるというものです。旧英検に最も近いですね。

・1~3級

・高校3年(高卒生など含む)のみが受験可

・2019年度から実施

 

『英検2020 1day S-CBT』

 ・「Reading」「Listening」「Writing」のペーパー試験を受け、その日にコンピュータ・タブレットでの録音式で「Speaking」の試験を受けます。そして4技能の結果でスコアが決まるというものです。

・1~3級

・高校3年(高卒生など含む)のみが受験可

・2019年度から実施

 

■『英検CBT』

  ・「Reading」「Listening」は、パソコンで選択肢をクリック。「Writing」はタイピング入力。その日にコンピュータでの録音式で「Speaking」の試験を受けます。そして4技能の結果でスコアが決まるというものです。

2~3級

受験の年齢制限なし

・2018年度8月から実施

2018年第2回で会場は全国20か所しかない(今後増えるかどうかは不明)

 

kasikoi.hatenablog.com