知の泉

地方都市で子供に携わる仕事を、20年くらいやってます。受験・子育て・教育に関することやその他自分の知的好奇心をくすぐった話題を呟いています。時々自分で食べて美味しかったもの、これ欲しいなあというものも呟いたりしてます。

早稲田大学2021年度入試予告まとめ 早稲田大学入試はどう変わるのか

早稲田大学2021年度入試予告まとめ 早稲田大学入試はどう変わるのか

早稲田大学2021年度入試変更点

2021年度入試から導入される大学入学共通テスト。2021年度入試予告が各大学から出始めています。

 

私立大学の雄早稲田大学の2021年度入試はどう変わるのか各学部ごとまとめてみます。

 

INDEX

 

早稲田大学2021年度入試共通の変更点

一般選抜(現行の一般入試)および大学入学共通テスト(現行の大学入試センター試験)を利用した入試の出願要件が変更になり、Web 出願時に、「主体性」「多様性」「協働性」に関する経験を記入(注)することになります。まあ、得点化はしないとのことですが、面倒と言えば面倒な変更点ですね。

 

(注)
・学校が作成する調査書に記載するのではなく、受験生本人が自分自身の経験を振り返り、文章化してもらいます。記入は出願要件としますが、得点化はしません。
・併願学部が複数あったとしても 1 回記入すれば全ての学部に適用します。
・記入した内容は、学⽣調査データの⼀部として、⼊学後の学部での教育の参考資料として活用します。

 

早稲田大学政治経済学部2021年度入試変更

(1) 試験内容(政治学科・経済学科・国際政治経済学科共通、合計 200 点満点)

 

1) 大学入学共通テスト(100 点)
以下 4 科目を 25 点ずつに換算する。
① 外国語(以下いずれか 1 つを選択)
・英語(リスニングを含む)
・独語
・仏語
② 国語
③ 数学Ⅰ・数学A
④ 選択科目(以下いずれか 1 つを選択)
・地理歴史「世界史 B」「日本史 B」「地理 B」から 1 科目
・公⺠ 「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」から 1 科目
・数学 「数学Ⅱ・数学 B」
・理科 「物理基礎」「化学基礎」「⽣物基礎」「地学基礎」から 2 科目
あるいは「物理」「化学」「⽣物」「地学」から 1 科目

 

2) 英語外部検定試験および学部独自試験(100 点)
・使用できる英語外部検定試験は、大学入学共通テストで活用される試験を前提とし
て検討中です。
※英語外部検定試験の配点割合は 2)の 3 割程度(全体の 15%程度)とする予定で
す。
・学部独自試験は 1 科目のみを 90 分間で実施します。なお、⽇英両⾔語による⻑⽂
を読み解いたうえで解答する形式とし、記述解答を含むこととします。

 

(2) 募集人数


300 名(政治学科 100 名、経済学科 140 名、国際政治経済学科 60 名)とします。
※従来 450 名(政治学科 150 名、経済学科 200 名、国際政治経済学科 100 名)

 

まとめると、

 

・英語・数学ⅠA・国語にあと何か1科目の合計4科目、大学入学共通テストを受ける

(数学ⅠAも必須ですね)⇒100点

・英語外部試験を受ける⇒30点程度

・独自試験を受ける(多分、英語と日本語の長文を読んで記述式の問題に答える)⇒70点程度

 

以上の200点満点で合否を決めるということですね。

 

いわゆる文系型で英語・国語・地歴3教科で受験ということはできないことになります。東大など国公立難関大学志望の生徒にとっては併願先として受験しやすいことになりそうです。

 

それよりも、大きな変更点は従来の募集定員450名⇒300名という点です。ますます、エスカレータ組と推薦組を除いて早稲田大学政経学部に一般入試で合格していくのは狭い門となりそうです。

 

早稲田大学文学部・文化構想学部2021年度入試変更

・文学部と文化構想学部ともに、2021年度入試から帰国生入試が廃止になります。

 

・ 文学部と文化構想学部ともに、2021年度入試から従来の「センター試験利用(センターのみ方式)」が廃止になります。

⇒出願していれば、早稲田の独自試験は受けなくても合格出来てしまう方式が廃止ってことですね。

 

・ 文学部と文化構想学部ともに、2021年度入試も従来の「センター試験利用(センター+一般方式)」は変更ありません。

⇒センター試験のどれか1科目を50点に換算し、独自試験で国語75点、英語75点で合否を決める方式ですね。

 

文学部・文化構想学部は、センターだけで合否が決まる方式がなくなるので、難関国公立志望者にとってはちょっと出願しづらくなるかもしれませんね。

 

早稲田大学商学部2021年度入試変更

(1)「英語4技能テスト利用型」の新設


1)出願要件
英検準1級以上またはTOEFL-iBT 72点以上の基準を満たす者とします。

 

2)試験内容
英語4技能テストの試験結果を一定の換算を行った上、「外国語」、「国語」、「地歴・公民または数学」の合計点に加点します。加点方法等の詳細については、決定次第公表する予定です。

 

3)募集人数
30名

 

4)合格基準点
外国語以外の科目に合格基準点を設けます。

 

5)併願
商学部の一般入試における「地歴・公民型」および「数学型」との併願はできません。

 

(2)「地歴・公民型」「数学型」の新設

 

1)変更内容

 

「地歴・公民型」…「外国語」および「国語」に加えて、「世界史B」「日本史B」または「政治・経済」の中から1科目を選択して受験するものとします。


「数学型」…………「外国語」および「国語」に加えて、「数学〈数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B(「確率分布と統計的な推測」を除く)〉」を必ず受験するものとします。

 

2)募集人数
「地歴・公民型」…355名
「数学型」…………150名

 

3)併願
「地歴・公民型」と「数学型」を併願することはできません。また、いずれも「英語4技能テスト利用型」と併願することはできません。


4)合否判定
「地歴・公民型」、「数学型」について、それぞれ合否判定を行います。

 

(3)その他
「地歴・公民型」、「数学型」および「英語4技能型」の各方式における各科目の配点については、決定次第公表する予定です。

 

まとめると、

・英語外部試験(なぜか英検とTOEFL-iBT のみ)を早稲田の独自試験(英語・国語+地歴公民or数学)の得点に加算する方式ができる。

 

・従来は英語、国語、地歴公民or数学とまとめて募集していたものを、「英語、国語、地歴公民」355名、「英語、国語、数学」150名とはっきり分けた、ということでしょうか。

 

この変更が、英語が非常に得意な生徒、地歴が得意な生徒と数学が得意な生徒、どんな生徒にとって有利な変更となるのかは今後の研究が必要です。

 

早稲田大学スポーツ科学部2021年度入試変更

早稲田大学スポーツ科学部入試改革の内容


A 群(定員 150 名)

(1) 試験概要
・現⾏の一般入試(定員 100 名)、センター利⽤⼊試[センター+一般方式](定員
50 名)に当たるもので、以下の試験により選抜します。
(2) 試験内容
1) 大学入学共通テスト 2 科目
2) 学部独自試験(⼩論⽂)

 

B 群(定員 50 名)
(1) 試験概要
・現⾏のセンター利⽤⼊試[センターのみ方式](定員 50 名)に当たるもので、以下
の試験により選抜します。
(2) 試験内容
1) 大学入学共通テスト 4 科目

 

C 群(定員 50 名)
(1) 試験概要
・現⾏のセンター利⽤⼊試[競技歴方式](定員 50 名)に当たるもので、以下の試験
により選抜します。
(2) 試験内容
1) 大学入学共通テスト 3 科目
2) 競技歴調査書

 

早稲田大学国際教養学部2021年度入試変更

一般入試改革の内容


(1) 試験内容 ※配点は未定です。

 

1) 大学入学共通テスト
① 国語(必修)
② 選択科目(以下いずれか 1 科目を選択)
・地理歴史「世界史 B」「日本史 B」「地理 B」
・数学 「数学Ⅰ・数学 A」「数学Ⅱ・数学 B」
・理科 「物理」「化学」「⽣物」「地学」

 

2) 英語外部検定試験
・スコア提出者に加点します。

 

3) 学部独自試験(科目:英語)

 

(2) 今後の予定

学部独自試験の配点、試験時限数、試験時間や大学入学共通テストの配点、使用できる
英語外部検定試験、英語外部検定試験の評価方法、加点する得点等は、2019 年度の初頭を目途に公表する予定。

 

(3) その他

・一般入試における「大学入学共通テスト」の導入に伴い、2021 年度⼊試以降、従
来の「センター利⽤⼊試(定員 50 名)」を廃止。

 

・「センター利⽤⼊試(定員 50 名)」の廃⽌に伴い、各種⼊試制度の募集⼈員を整理
する予定。

 

従来のセンター利用入試(センター試験の点数のみで合否を決める)が廃止になるので、難関国公立大学の併願組はちょっと出願しづらくなるのでしょうか。

 


こうやって早稲田大学2021年度入試変更点をまとめてみると、各学部で方針が異なっているように感じられます。

 

しかし根底にあるのは、

『数学を含めた総合的な力を持った学生』

『難関国公立大学併願でセンター試験の得点だけ高得点といった生徒ではなく、きちんと早稲田大学を受験しようという意思をもった学生』

そういった学生を欲しい、そういう早稲田大学からのメッセージのようにも感じられます。

 

いずれにしても私立大学の雄でもある早稲田大学。この2021年度入試の変更は、私立大学の受験地図をどのように変えていくのか、これからも注目していきたいと思います。

 

以上、早稲田大学2021年度入試予告まとめ 早稲田大学入試はどう変わるのかでした。

nextage-aomori.com

Z会資料請求