知の泉

地方都市で子供に携わる仕事を、20年くらいやってます。受験・子育て・教育に関することやその他自分の知的好奇心をくすぐった話題を呟いています。時々自分で食べて美味しかったもの、これ欲しいなあというものも呟いたりしてます。

青森県立五所川原高校 定員割れ⇒不合格者あり⇒再募集15名

青森県立五所川原高校 定員割れ⇒不合格者あり⇒再募集15名

青森県立高校合格者発表が2019/3/14に行われました。

その中で、五所川原高校が再募集15名という発表がされています。

 

そもそも、定員200名のところ191名の志願者で、倍率0.96倍というのも地元の人・あるいは卒業生にとってはショックだったのではないでしょうか。

 

五所川原高校は青森県の西北五地域の中では中心となる高校。

 

昨年度五所川原高校は北海道大学、東北大学、筑波大学(4名)、横浜国立大学、などを含む国立大学に現役だけで75名の合格者、公立大学にも27名の合格者。青山学院大学、中央大学などの私立大学現役合格者も出ている高校です。(五所川原高校HPより抜粋)

 

いかに人口減少が叫ばれている地域とはいえ、五所川原高校の定員割れというのはそもそも驚きでした。

 

しかも本日の合格発表では191名の志願者のうち合格者は185名。

 

定員割れにもかかわらず「6名不合格者あり」という、これもある意味驚きの合格発表でした。

 

不合格者は何らかの素行上の問題があったのか、それとも「〇〇点以下は合格を出さない」という五所川原高校の意地というか矜持だったのでしょうか?(試験当日、病気などの欠席の可能性もあるかもしれませんが・・・)

 

いずれにしても、五所川原高校は15名の再募集が行われます。

 

近隣の県立高校・学科はそもそもが定員割れも多い中、果たして15名のラストチャンスに志願するのは弘前地区・青森地区の不合格者組なのか、それとも近隣下位高校不合格組なのか・・・

 

最後の最後で桜咲きますように。

 

◇青森県立高校再募集詳細

https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kyoiku/e-gakyo/files/H31zennichi-saibo.pdf

 

f:id:kasikoi:20190215173128j:plain

 

Z会資料請求