知の泉

地方都市で子供に携わる仕事を、20年くらいやってます。受験・子育て・教育に関することやその他自分の知的好奇心をくすぐった話題を呟いています。時々自分で食べて美味しかったもの、これ欲しいなあというものも呟いたりしてます。

TOEIC 英語民間試験から降りるってよ! ~TOEICから大学入試英語成績提供システム参加申込取り下げのお知らせ~

TOEIC 英語民間試験から降りるってよ! ~TOEICから大学入試英語成績提供システム参加申込取り下げのお知らせ~

f:id:kasikoi:20190702110951p:plain

TOEIC 英語成績提供システム参加申込取り下げのお知らせ

「大学入試英語成績提供システム」へのTOEIC Tests参加申込 取り下げのお知らせ|プレスリリース一覧|IIBCについて|IIBC

 

本日一般社団法人国際ビジネスコミュニケーション協会より驚きの発表がありました。

 

2021年度大学入試から導入されることになっている『大学入試英語成績提供システム』に参加しないとのこと。

 

以下、TOEICが大学入試英語成績提供システム参加申込取り下げに至った経緯

 

TOEIC Testsは4技能を測定できる試験ではございますが、TOEIC L&RとTOEIC S&Wが別々に実施される形態となっております。本システムへの社会的な要請が明らかになるにつれ、それらに対応するためには、受験申込から、実施運営、結果提供に至る処理が当初想定していたものよりかなり複雑なものになることが判明してまいりました。このため、現時点において、協定書締結に向けた大学入試センターとの協議が完了しておらず、当協会として本システム運用開始において責任をもって各種対応を進めていくことが困難であると判断いたしました。

 

そもそも、異なる英語民間試験でどうやって比べるのだという問題。

しかも Speaking Writing を含めて 、50万人以上は受験すると思われる大学受験で、公平公正に運営できるのかなど、様々な疑問が専門家から声が上がっていました。

nominkaninkyotsu.com

 

先日の英検の発表でも、実質 Speaking の試験は従来のような対面式ではなく吹き込み式(端末録音)で、しかも受験会場は各都道府県に一か所以上のテストセンターでということになりそうです。(「なりそうです」と表現したのは、まだ変更の可能性があると英検サイドも言っているからです。)

 

7/2夜追記

上記の英検の発表についても、文科省からOKがでたので、本決まりですね。

 

2019/7/2文科省発表

実用英語技能検定の「英検 2020 2days S-Interview」について
○ 令和元年6月5日に公益財団法人日本英語検定協会より、実用英語技能検定の「英検2020 2days S-Interview」について、受験対象を障害がある受験生に特化する方式とする旨の連絡があり、検討を行った結果、この変更内容は大学入試英語成績提供システム参加要件を満たしているものと判断しました。

 

 

50万人の受験生を、各都道府県に一か所以上というテスト会場でさばききれるはずがないのですから、実質英検は白旗を上げたと理解しています。

 

今進んでいる大学入試英語成績提供システムはやはり無理筋だと英検もTOECも判断した形です。個人的には賢明な判断だと評価したいと思っています。

 

kasikoi.hatenablog.com

 

さて、残るは実質ベネッセのGTEC。

 

逆にいうと、文科省側が大学入試英語成績提供システムを2021年度入試から運用しようとすれば、ますますGTECが全国の高校を受験会場にしていこうと営業を強める可能性が高くなってきました。

 

対象となるのは、今の高校2年生からです。この時期にこんなバタバタでは本当にかわいそうだと思います。

 

再度、声を大にして、英語民間試験の2021年度入試導入はいったん立ち止まって欲しいと言いたいと思います。

 

以上 TOEIC 英語民間試験から降りるってよ! ~TOEICから大学入試英語成績提供システム参加申込取り下げのお知らせ~でした。

 

宜しければ下記に賛同の方は宜しくお願いいたします。

www.change.org

 

7/2夜追記

TOEICは大学入試英語成績提供システム参加申込取り下げとなりましたが、文部科学省から以下のような発表がされています。

なお、平成31年3月28日に文部科学省より、一部の例外措置の対象試験にTOEICが含まれることが公表されています。今年度受験したTOEICの成績については、次年度における「例外措置」の対象に含めることとします。詳細については、後日文部科学省からお知らせいたします。 

https://www.dnc.ac.jp/news/20190702-01.html

 

これは、へき地・経済的理由、高3の時に病気などの理由があった時に、高2の時の成績が使えるという例外措置のことです。この例外措置ではTOEICの」高2の時の成績を使えるってことですね。

 

高2の英語民間試験成績が使える条件については下記もご覧ください。 kasikoi.hatenablog.com

 

あと、TOEIC大学入試英語成績提供システム参加申込取り下げについては、いつもお世話になっているedumamさんのブログにも詳しく書かれていますので、こちらも是非ご覧ください。

edumama.hatenablog.com

Z会資料請求