知の泉

地方都市で子供に携わる仕事を、20年くらいやってます。受験・子育て・教育に関することやその他自分の知的好奇心をくすぐった話題を呟いています。時々自分で食べて美味しかったもの、これ欲しいなあというものも呟いたりしてます。

金沢大学2021年度入試予告 後期日程の廃止&二次試験重視へ 英語民間試験利用は?

金沢大学2021年度入試予告 英語民間試験利用は?

以前の発表では金沢大学では英語外部民間試験で、学部学科によってA1、A2といったCEFR対照表のレベルを要求していました。

 

2019/11/29の発表では、

①金沢大学2021年度入試では英語民間試験を出願資格として利用しない

英語民間試験(TOEFL-iBT / GTECのCBT / TEAP / IELTS )でスコアに応じて大学入試共通テストの英語の80%~100%の得点を与える

③ただし、大学入試共通テストの英語の得点と比較して高得点の方を利用する。

④英語民間試験のスコアを提出する場合でも共通テストの英語の受検も必要

金沢大学2021年度入試英語民間試験

金沢大学2021年度入試英語民間試験について

 

詳しくは2019/11/29公表の資料⇒

https://www.kanazawa-u.ac.jp/wp-content/uploads/2019/11/2021nyuugakusenbatu_henkoyokoku5_20191129.pdf

 

金沢大学2021年度入試予告 後期日程の廃止&二次試験重視 

f:id:kasikoi:20190727134331j:plain

金沢大学

金沢大学が2021年度入学試験で後期日程の廃止を決めています。

 

全体の募集定員はおよそ1700人と変わらない予定で、後期分の募集定員は前期の定員に含まれます。

 

また入学後に学類を選ぶ「後期一括入試」も廃止され、前期日程に移行します。

 

入試ではそれぞれの学類ともに「共通テスト」より二次試験に行う「個別学力検査」の結果を重視する配点になっています。

 

例)

金沢大学 人間社会 人文 

従来 センター:二次=1000:600

 2021年度 センター:二次=500:750

 

金沢大学 理工 数物科学

従来 センター:二次=900:900

 2021年度 センター:二次=900:1350

金沢大学2021年度入試予告 後期日程の廃止&二次試験重視へ 影響は?

金沢大学後期日程廃止+二次試験重視の報道を見て、ある高校2年生担当教師の反応は

「金沢大学ずいぶん強気に攻めてきたじゃん」でした。

 

確かに、二次試験配点を見ると、だいぶ前から金沢大学を志望して、二次試験の対策をした生徒でなければ太刀打ちできないと感じられます。

 

金沢大学を第一志望にして、しっかりと二次試験の対策して、前期から受験してくださいねっていう大学からのメッセージのようにも思います。

 

また従来、金沢大学の後期出願の生徒というのは、前期で旧帝大クラス受験の力を持っている生徒。

 

実際、私の知っている生徒でも複数名が前期東北大学受験で涙をのみ、後期で金沢大学へ進学しています。

 

はたして、そういった旧帝大クラス受験の生徒で、従来であれば金沢大学後期に出願していたであろう生徒は、どのような大学への後期出願となるのかその影響が気になります。

 

新潟大学後期あたりの倍率・難易度アップという影響につながったりするのでしょうか?来春以降の各模試での志望状況を注視していかなければいけないと思っています。

 

以上、金沢大学2021年度入試予告 英語民間試験の利用についてと後期日程の廃止&二次試験重視、影響は?でした

nextage-aomori.com

 


 

以下は金沢大学英語民間試験利用についての個人的な感想です。

wrote 2019/11/30

一言でいうと残念です。

 

大学入学共通テストと英語外部民間試験とを比べて、高得点の方を使うということになりますが、そもそもまだ一度も行われたことのない共通テストの英語の成績と英語外部民間試験をこのように比べられる根拠というのはあるのでしょうか?

 

また、高校生と英語の学習をご一緒している肌感覚ですが、

例えばGTEC CBTのスコア910というのはCEFR対照表で英検と比べると(CEFR対照表が正しく各民間試験を比較できているかどうかについても懐疑的ですが・・・)英検2級に合格しないスコアです。

 

その英検2級に合格できない力の生徒が共通テストで80%の得点を与えられるわけです。共通テストはまだ行われていないので何とも言えませんが、英検2級に合格できない生徒がセンター試験で160点/200点取れるとは思いません。それが私の肌感覚です。

 

自分の教えている生徒が金沢大学志望なら、

「絶対に英語民間試験受けた方が有利になると思うよ」って伝えます。

 

また、GTECの学校実施版が使える英語民間試験から外れているのは当然だとは思いますが、なぜか英検が外れています。

 

実質GTEC CBTを受験しろということになりそうですが、GTEC CBT は今のところ石川県では金沢1会場だけです。そもそも受験したい人全員が受験できるキャパシティーはあるのでしょうか? 

 

都市部在住以外の生徒は、宿泊を伴う受検も覚悟しなければいけません。

 

いずれにしても個人的には大変残念な発表だったと思っています。