知の泉

地方都市で子供に携わる仕事を、20年くらいやってます。受験・子育て・教育に関することやその他自分の知的好奇心をくすぐった話題を呟いています。時々自分で食べて美味しかったもの、これ欲しいなあというものも呟いたりしてます。

子供が朝起きられない 起立性調節障害に【光目覚まし inti4】

子供が朝起きられないという悩み

長年、小中高生に携わってきていますが、子供が朝起きられない、学校にいけないという悩みを抱える保護者の悩みの相談を受ける機会も多いです。

・朝起きると頭が痛い
・起き上がるのがつらい
・学校に行けない
・夜になるとなぜか元気

 

このままでは「勉強が遅れてしまうのでは」「卒業できないかもしれない」「このまま引きこもりになったらどうしよう」・・・不安は募るばかり。

 

朝子供を起こす声も、ついきついものになってしまい、ケンカの挙句に最後には「勝手にしなさい!」となってしまうこともある・・・でも本当に「起きて!お願い!」と毎日泣いているんですと言う保護者の方もいらっしゃいました。

 

起きられない原因が本人にも分からない。とにかく「朝起きられない」

朝起きられない、学校に行けない原因がはっきりせず、それでも

・朝起きると頭が痛い
・起き上がるのがつらい
・学校に行けない
・夜になるとなぜか元気

お子さんのこの訴えは、決して怠けやサボりではないことを理解してあげることが必要です。ひょっとしたら、お子様は「起立性調節障害」という循環器系の障害なのかもしれません。

 

この「起立性調節障害」は思春期に起こりやすい言われ、小児では軽症例を含めると中高学生の約10%といわれ、各学年に約 12 万人(中高生合計で約70万人)と推定され、軽症例では日常生活に支障はないが、欠席を繰り返し不登校状態に陥る重症例は約1%であり、全国で7万人と推定されるという調査もあるようです。そうです、「起きて! お願い!」と涙している人がこんなにもたくさんいるのです。

 

下記の記事にもあるように、起立性機能障害は単純に「怠け」なのではないのです。

【子供が朝起きられない】原因が「起立性調節障害」だとしたら・・・

もちろん、重症の場合には専門医に相談することが必要だと思いますが、なかなか医者に相談に行くというのはハードルが高いですよね。

 

どうにか「起立性調節障害」を自然と克服できないものなのでしょうか・・・「起立性調節障害」は自律神経の働きが、体の発育に追いつけず、バランスを保てなくなった状態とされています。

 

自律神経の乱れを整える、最大のカギとして
「朝日を浴びること」
朝日を浴びることで天然の目覚め成分「セロトニン」の分泌が活発になります。

 

この「セロトニン」とは
気分調節・運動機能・記憶力・学習能力など
感情的情報をコントロールしたり
胃腸の働きや、眠りと目覚めのサイクルなど
人間が生きるために必要なシステムをコントロールしてくれます。

 

セロトニンは心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、

『幸せホルモン』とも呼ばれています。

 

また、セロトニンは12時間から14時間後には
眠りの成分である「メラトニン」にかわり
質の良い眠りを得られると言われています。

 

このサイクルこそが、体内時計を整え、自律神経を整えることがカギとなるのです。 

 

自律神経といえば、セロトニン
セロトニンといえば、朝の光
朝の光といえば、おすすめしたいのが光目覚ましinti4(起立性調節障害)  

 

 

起立性障害を【inti4】光目覚ましが救ってくれるかもしれません

人を目覚めさせ、体内時計をリセットするのに必要な光の照度は、 2,500ルクス以上とされています。 一方、普通の室内照明は700ルクス程度。 脳を刺激するには不十分です。

光目覚ましinti4(起立性調節障害)は、部屋に差し込む朝日とほぼ同じの最大20,000ルクスの明るさ。昼白色&暖色の覚醒ブルーライトLEDを搭載している優れもの。

f:id:kasikoi:20180704145344j:plain

 目覚まし時計は"音"から"光"の時代へ!最先端の目覚まし時計「inti4」

この「inti4」光目覚ましは受験勉強で活用する人もいるようで
NHKのテストの花道でも紹介されています。

<<メディア掲載・放送 800媒体以上>>
「めざましテレビ」や「スッキリ!!」、「この差ってなんですか?」などのテレビ番組や「日経トレンディー」「GetNavi」「an・an」の雑誌など800媒体以上で紹介され
非常に注目されている「 光目覚まし時計 inti4 」です。

ひょっとしたら、この光目覚ましが起立性調節障害のお子様を、そして「起きて!お願い!」と悩み苦しむ親御様を救うことになるかもしれません。

 

inti4